Uncategorized

行き遅れババアネタバレ デスクの下でジュポジュポと音を立てながらバキュームフェラしてくれる34歳爆乳主任w

投稿日:

`ジュポジュポジュポ…´今、自分は同じ部署の上司である34歳の女主任がデスクの下に潜んでフェラされているが、仕事をしているフロアや周りには誰もいないのがせめてもの救い…というか多分、当人はそれを狙ったんだと思い、また女主任はまだ人がいる終業間際から潜んでいるが、これもある種のスリルを味わいたくてやっていると思う。

このような関係になったきっかけを辿ると入社直後から気になっていたものの、中々接触するきっかけも無く、ようやくチャンスを迎えたのが、新人歓迎会の席で自分としては運良く隣に座る事ができ、普段飲み慣れないお酒の力を借りてアプローチを試み、それから食事やデートを重ね、体を交わせ合う中までの関係となり、関係が深くなるにつれてお互いに体を求め合う頻度が多くなり、それによって性癖も分かるようになっていくのも成り行きでもあった。

´ジュポジュポジュポ…`再び今の状況に戻るが、女主任に´疲れない?`と聞くとフェラを止めて`疲れちゃったからご褒美ちょうだい!´とせがんできた。

確かにデスク下に入ってフェラを続けるのは体勢的にも肉体的にも辛いのであるので、自分は女主任のよだれでぐちょぐちょに濡れた一物をしごき、白い蜜を女主任の口へ放ち、女主任も口に入った白い蜜を味わいながら頬張って飲み干した。そうご褒美はこれである。すかさず女主任は一物に残った白い蜜を残さまいとという勢いで再び`ジュポジュポジュポ…´といやらしい音をたてながら掃除をした。

事を終えた女主任は´ごちそうさま。いつも以上に美味しかったよ!`と礼を言われ、自分は女主任をデスク下から引きずり出してリクルートスーツのスカートをめくり、秘部を見るとフェラで興奮し、染みが分かる位パンツは濡れていた。本当ならこのまま…と行きたいが、守衛の巡回しているのもあったので女主任共々、足早に退社してそのままホテルへ向かった事は言うまでもない…。

-Uncategorized

Copyright© 会社の行き遅ればばあネタバレと無料試し読み【34歳爆乳女主任孕ませたw】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.